*

林修の今でしょ講座 病気になりにくい都道府県ランキング!予防に効果的な食材は?

公開日: : 最終更新日:2017/11/09 病気予防, 美容・健康

6月27日放送のテレビ朝日「林修の今でしょ!講座」で病気になりにくい都道府県ランキングが発表されました。

番組で放送された病気になりにくい県民の習慣、食生活を紹介します。

Sponsored Link


健康寿命が長いのは山梨県!

健康寿命とは健康で自立した生活を送れる期間をいいます。


健康寿命が長い理由① 魚中心の食生活

健康寿命1位の山梨県はマグロ、アサリの購入金額全国2位、干しアジ購入金額全国4位と魚を良く食べています。

さらに人口10万人あたりのお寿司屋さんの数が全国1位の約38軒となっています。

魚の脂肪酸EPA・DHAは生活習慣病の予防・脳の認知機能向上に効果があります。

このEPA・DHAは熱に弱いので刺身やお寿司のように生で食べるのが効果的です。


健康寿命が長い理由② 1日の平均食事時間が日本一長い

日本人の平均食事時間は1日99分ですが、山梨県の方々は106分と7分長くなっています。

食事時間と肥満の関係を大学生を対象に3年間調査を行ったところ、早食いの者は早食いでない者に比べて肥満リスクが4.4倍高くなっています。

人の食欲は脳にある満腹中枢などにコントロールされており、ご飯を食べ始めてから満腹感を感じるまで約20分かかると言われています。

早食いの人は20分経たずに食べ終えてしまうため結果として食べ過ぎてしまうという傾向があります。

またよく噛んで食べることで満腹感がアップし脂肪の燃焼にも繋がります。


健康寿命が長い理由③ 過去40年平均日照時間が日本一長い

山梨県は過去40年間、平均日照時間が日本一長い県です。

日光を浴びると紫外線の働きでビタミンDが作られ免疫力を上げます。

また植物からとったビタミンDも日光に当たると活性化して骨を強くします。


脳梗塞の死亡率が低いのは沖縄県!

脳梗塞が少ない理由① 塩分をとらない

沖縄県はかつお節の消費量が全国第1位で味付けの基本は塩・コショウではなく「かつおダシ」で行っています。

かつおダシで味付けすることで塩分を多量に摂取することを防いでいます。

人間の血液の塩分濃度は約0.9%ですが、たくさん塩分を摂ると水分も増やさないと濃さが一定にならなくなります。

そうすると血液の量が増え高血圧になります。

血圧が上がると体中の血管が傷み動脈硬化が進んで脳梗塞が増えます。

またカツオに含まれるヒスチジンは脳梗塞の予防に有効です。


かつおダシを使った沖縄家庭料理

かつおダシ入り天ぷら

天ぷらの衣にかつおダシを入れると上品な味わいになります。

フーチャンプルー

かつおダシを入れたお麩を炒めます。

そこにゴーヤと玉ねぎを加えます。


脳梗塞が少ない理由② 豆腐をよく食べる

沖縄県は豆腐の購入金額全国1位です。

沖縄にはゴーヤチャンプルーや豆腐チャンプルー、ジーマミ豆腐など豆腐料理がたくさんあります。

国立がん研究センターによると大豆を週5回以上食べる女性は食べない女性に比べ脳梗塞のリスクが約0.64倍低いことが分かりました。

豆腐に含まれるイソフラボンという成分は抗酸化効果で血管の老化を防ぐ効果があります。


脳梗塞が少ない理由③ 気温の寒暖差が少ない

昨年の気温の寒暖差を東京と比べてみても一目瞭然です。

脳梗塞や脳卒中は寒暖差が激しい所で起こりやすくなります。

寒暖差が少ないため血管に負担がかかりにくく脳梗塞が起こりにくいと考えられます。

Sponsored Link


貧血が少ないのは静岡県!

貧血が少ない理由① マグロをよく食べる

静岡市はマグロの購入金額、数量ともに全国1位です。

マグロの赤身の部分は鉄分が多く含まれています。

鉄分はタンパク質と一緒に摂ると吸収率が上がりますが、マグロには良質なタンパク質も含まれています。


貧血が少ない理由② しらすをよく食べる

しらすの購入金額・購入数量も静岡市が1位です。

しらすは鉄分の他にリジンという栄養素も含んでいます。

リジンは体を作るうえでかかせない必須アミノ酸の一つです。

リジンが不足すると疲れやすい、集中力の低下、めまい、吐き気、そして貧血になりやすくなります。


貧血が少ない理由③ あさりをよく食べる

あさりは鉄分も含みますがビタミンB12も多く含んでいます。

ビタミンB12は赤血球を作るうえで欠かせない貧血予防に期待の栄養素です。

貧血は赤血球が減り体内の酸素が減る事で起こる症状です。

あさりは鉄分がたくさん含まれますが特に佃煮にすると鉄分が5倍になります。

緑黄色野菜、特にほうれん草や小松菜にも鉄分が多く含まれます。

ほうれん草は湯通しすると鉄分が抜けますが小松菜は抜けないため貧血予防におすすめです。


肥満が少ないのは三重県!

肥満が少ない理由① ひじきが名産・生産量全国1位

ひじきの名産地・三重県が肥満が少ない県1位です。

ひじきに含まれるタンニン、フコキサンチンですがタンニンには中性脂肪を減らす、脂肪をつきにくくする作用があります。

フコキサンチンはひじき・わかめなどの褐藻類だけに含まれ、脂肪燃焼を促進する働きを持ちます。


肥満が少ない理由② あおさが名産・出荷量全国1位

あおさにはごぼうの7倍の食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は腸の働きを活性化し便通を整え腸内の余分なコレステロールを排出します。


三重県民おすすめ ひじき&あおさご当地レシピ

ひじき・豆腐・ミンチ肉を使ったひじきのハンバーグ。

あおさの香りがくせになるたまご焼き。

あおさの天ぷらも絶品です。


糖尿病が少ないのは愛知県!

糖尿病がすくない理由① 赤味噌・八丁味噌を良く食べる

赤味噌の褐色成分であるメラノイジンには糖の吸収を抑え血糖値が上がるのを止める効果があります。


愛知県民おすすめ 赤味噌ちょい足しレシピ

豆腐×赤味噌。お酒のお供に最適です。

ゆでたさやえんどう×赤味噌。


糖尿病が少ない理由② モーニング(朝食)文化

愛知県にはモーニング文化があり、朝食を食べることでその後の食後の血糖値を抑えるセカンドミール効果が出ていると考えられます。

Sponsored Link


肩こりが少ないのは新潟県

肩こりが少ない理由① 温泉地の数が全国3位

温泉に入り温まると温熱効果で血管が拡張し血行が良くなり筋肉の緊張が緩和します。

温泉にいけない場合は40度程度のお湯で20分程度肩までしっかり浸かることで効果があります。


肩こりが少ない理由② 新潟市を挙げての大きなお祭りがある

お祭りの踊りが筋肉の状態を改善させます。


もの忘れが少ないのは神奈川県!

もの忘れが少ない理由① ワインをよく飲む

日本のワインの総生産量の3分の1は神奈川県です。

赤ワインには抗酸化作用があるポリフェノールがたくさん含まれています。

脳の衰えを防ぐポリフェノールが認知症予防につながっています。

ワインを毎日グラス3杯程度飲むと認知症のリスクが軽減すると言われています。


もの忘れが少ない理由② トマトをよく食べる

トマトの購入金額1位は横浜市で、購入量1位は相模原市です。

トマトのリコピンはビタミンEの抗酸化力の約100倍の作用があります。

またトマトのグルタミン酸は神経細胞を保護し神経伝達を良くします。


もの忘れが少ない理由③ チーズをよく食べる

チーズの購入金額・購入量1位は横浜市です。

乳製品をたくさんとると認知症の発症率は下がると言われています。

チーズのチロシンという成分が脳の神経や働きをサポートしうつ病の改善・認知症予防に効果があるとされています。

Sponsored Link
Copyrights
Sponsored Link
Copyrights

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界一受けたい授業 痩せない原因!?デブ菌を撃退するレシピと運動を紹介!

4月21日放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」で2週間で変わる腸リセ

金スマ 1日10回で体が激変!超簡単スクワットを紹介!

4月20日に放送されたTBSテレビ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」

ハナタカ優越館 高校生野菜ソムリエプロの新ゴボウ・レタスの目利きと春野菜の生春巻きを紹介!

4月19日放送のテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」で高校生

ハナタカ優越館 日本人の3割しか知らない!試してみたい投稿ハナタカ10連発!

4月12日放送のテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」で試して

no image
ハナタカ優越館 3割しか知らない?話題のニュースに関するハナタカと魔法の言葉・行動ハナタカを紹介!

4月12日にテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」が放送されま

→もっと見る

PAGE TOP ↑