*

世界一受けたい授業 医師10万人に聞いたインフルエンザ対策・予防法を紹介!

1月27日放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」で医師10万人アンケートでわかったインフルエンザ対策が紹介されました。

紹介して下さる先生は医学博士・岩見陽先生です。

Sponsored Link


インフルエンザの予防として効果のある対策

第5位 加湿をする

インフルエンザウイルスは湿度が高いと弱るから部屋の加湿が大切(麻酔科・50代男性)

鼻や喉の粘膜を正常に保つことによりウイルスの侵入を防ぐ(一般内科・50代女性)

厚生労働省が推奨する理想の湿度は50~60%と言われています。

室内にいる時は加湿器などで湿度調整を心がけるようにしましょう。


第4位 予防注射を打つ

感染予防はワクチンだけでは困難と思われるが重症化予防は期待できる(一般内科・60代男性)

予防注射によるワクチン効果の研究で65歳以上の高齢者においてインフルエンザ発症リスクを約45%防ぎ、死亡リスクは約80%防ぐという結果が出ています。


第3位 睡眠・休養をとる

睡眠不足は免疫力低下を招く(整形外科・30代男性)

ウイルスを退治するのに欠かせないのが血液中にあるリンパ球です。

リンパ球はウイルスに感染した細胞を攻撃する働きがあり、睡眠・休養などでリラックスしている時に力が高まります。

質の良い睡眠をとることで免疫力がアップしてインフルエンザにかかりにくくなります。


第2位 人混みに行かない

飛沫感染だから人混みはうつりやすい(一般内科・50代男性)

近くの人がくしゃみをすると約2メートルほど飛沫が飛びます。

ウイルスの数は1回のくしゃみで10万個も飛び散ると言われています。


第1位 手洗いをする

手や指から感染する可能性は結構ある(小児科・60代男性)

インフルエンザ予防に効果的な短短洗い

ハンドソープをつけて手の平・手の甲をこすり、指先・指の間、指・手首を合計10秒もみ洗いします。

水で15秒すすぎます。

これをもう1度繰り返し合計2回洗います。

Sponsored Link


インフルエンザの疑い!最初にやるべきことは?

第1位 マスクをする

感染が広がらないようマスクをします。

マスクをとる時はフィルターの部分を触らないようにしましょう。

フィルターに付着したウイルスが手につくことで感染を広げる可能性があります。


第2位 安静・休養

病院に早くかかりすぎてもウイルスの量が体内で十分に増えていないため検査で陽性が出ない可能性があります。

病院に行くタイミングは熱が出だしてから12時間~48時間の間が1番良いそうです。


第3位 隔離

自分の部屋で隔離されている状態になると周りと触れないので拡散を防ぐことができます。

Sponsored Link
Copyrights
Sponsored Link
Copyrights

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界一受けたい授業 スマホ・SNSのいいね!・もったいないなど現代型依存症とは?

2月17日に放送された日本テレビ「世界一受けたい授業」の中で現代型依存

ハナタカ優越館 3割しか知らない冬の素朴な疑問に対するハナタカを紹介!

2月15日にテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」が放送されま

ジョブチューン 肩こり・睡眠負債・高血圧など冬の病気を予防・改善する食べ物SPまとめ!

2月10日にTBSテレビ「ジョブチューン!冬の病気を予防・改善する食べ

ハナタカ優越館 日本人の3割しか知らない冬の時期に気を付けた方がいいハナタカ!

2月7日にテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」が放送されまし

この差って何ですか? 体を温めるショウガ料理の差!ウルトラ蒸しショウガの作り方を紹介!

2月6日放送のTBSテレビ「この差って何ですか?」で体が温まるショウガ

→もっと見る

PAGE TOP ↑