*

世界一受けたい授業 増えると危険な内臓脂肪を最速で落とす方法を紹介!

4月28日放送の日本テレビ「世界一受けたい授業」で内臓脂肪を落とす方法が紹介されました。

教えてくださるのは「内臓脂肪を最速で落とす」の著者・奥田昌子先生です。

Sponsored Link


内臓脂肪が増えると危険

内臓脂肪は内臓を固定する働きがあるためある程度必要ですが増えすぎると満腹中枢が鈍くなり食べ過ぎの原因になります。

食べ過ぎると脂肪肝や肝臓がんのリスクが増えてしまいます。

また40代に肥満の人は認知症の発症率が3倍も高くなるという報告があります。

へそまわりが男性なら85㎝、女性は90㎝を超えると危険されています。


内臓脂肪を落とす方法① 脂質を抑える

お肉には脂質が沢山含まれますが下ごしらえで無駄な脂身を取ったり鶏肉の皮は取ってから調理しましょう。

調理法は揚げたり焼いたりするより煮ることで脂肪の量が少なくなります。

魚にも脂質は含まれますが青魚に含まれるDHAやEPAには内臓脂肪を付きにくくする働きがあるので積極的に食べましょう。

特にサバの味噌煮などがおすすめです。

お酒と果物には脂質はありませんが摂りすぎは良くありません。

お酒を飲むと食欲を高めるホルモンを分泌させ内臓脂肪をためるのを手伝います

果物の果糖は血糖値を上げないため脳に満腹シグナルが送られずに食べ過ぎてしまい肝臓で中性脂肪に変わります。

どうしてもフルーツが食べたい時は果糖が少ないイチゴがおすすめです。


内臓脂肪を落とす方法② アディポネクチンを増やす

脂肪を燃焼させるのが脂肪細胞から分泌される善玉物質のアディポネクチンです。

アディポネクチンを増やす食べ物が玄米です。

他には大豆を使った料理もおすすめです。

先生のおすすめは大豆と玄米のキーマカレーです。お肉は入っていません。

おくらやトマト、ひじきなどもアディポネクチンを増やすのでサラダとして一緒に食べます。

Sponsored Link


内臓脂肪を落とす方法③ 日々の生活の中で落とす

内臓脂肪を増やす原因として睡眠不足があります。

昼間に眠くなるなど日々の睡眠が足りていない人ほど肥満度が高い事が分かっています。

睡眠が足りていないと胃から食欲を高めるグレリンというホルモンが分泌されます。

食欲を抑えるレプチンは少なくなるので食べても満腹感がなくなります。

内臓脂肪を落とすためにもしっかり睡眠をとりましょう。


内臓脂肪を落とす方法④ 運動する

運動をすると内臓脂肪を減らす男性ホルモンが増えます。

おすすめは有酸素運動であるウォーキングです。

1日30分、普通の散歩よりも速めのスピードで行います。

一緒に歩いている人とかろうじて笑いながら会話できる速度が目安です。

有酸素運動を行う前に腕立てや腹筋などの筋トレを10分間行うとより内臓脂肪が落ちやすくなります。


まとめ

内臓脂肪を減らしたい方は


  • 油物を控える
  • よく寝る
  • 30分歩く
  • 食事をいつもより2口減らす

これを毎日続けましょう。

Sponsored Link
Copyrights
Sponsored Link
Copyrights

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホンマでっかTV 垂れ尻・O脚・便秘・肩こり・小さい胸を解消するエクササイズを紹介!

5月23日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」で女性のカラダの悩み

教えてもらう前と後 わずか1分で肩こり改善!Gリセット・エクササイズを紹介!

5月22日放送のTBSテレビ「教えてもらう前と後」で身体運動学研究者の

no image
この差って何ですか? 耳かきや朝の運動はしてはいけない?昔と今の健康常識の差は?

5月22日放送のTBSテレビ「この差って何ですか?」で昔の健康常識と今

金スマ 医者が教える食事術の牧田先生による医学的に正しい食べ方を紹介!

5月18日放送のTBSテレビ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で48

ハナタカ優越館 プリンカルボナーラ・美味しいお茶の入れ方などすぐに試したいハナタカを紹介!

5月17日にテレビ朝日「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」が放送されま

→もっと見る

PAGE TOP ↑