ケンブログ
映画・ドラマ・音楽
映画・ドラマ

フィリピンの暗部を描く!AMO終わりなき麻薬戦争の感想(ネタバレあり)

画像:netflix.com

こんにちは。梅雨の季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は最近視聴したフィリピンを舞台にしたnetflixオリジナルドラマ「AMO 終わりなき麻薬戦争」を紹介したいと思います。

AMO 終わりなき麻薬戦争・あらすじ

ドラッグディーラー・ジョセフ

第1部(エピソード1~8)の主人公はフィリピンの高校生のジョセフ。

昼間は普通の学生として過ごしているが街のギャンググループの夜は違法ドラッグの運び屋をしている。

ある日違法ドラッグの仕入れ先に警察のガサ入れが入りジョセフは逮捕されてしまう。

自身はドラッグを使用しておらず叔父の警察官をしているカミロの協力もありジョセフは釈放されるが、仲間のジェイが警察や敵対するグループに情報を密告していたことが分かる。

ジョセフはボスにジェイが裏切ったことを報告しジェイは処刑される。

それから時がたちジョセフは義兄ビノの紹介でクラブでのドラッグディーラーの仕事に手を染める。

始めは羽振りがよかったジョセフだがある日客の女が違法ドラッグの過剰摂取によりクラブ内で倒れ死亡する。

これがニュースとなり取り上げられ警察がクラブにガサ入れに入る。

ジョセフは警察から逃れるがあくる日証拠となるバイクを解体しようと仲間のティソイと義兄ビノと共に店を訪れたところを警察に踏み込まれてしまう。

ここでもジョセフは逃げれたがビノとティソイは警察に射殺される。

警察に指名手配され行き場のなくなったジョセフは教会で母と会い後悔の涙を流す。

警察官カミロとロッド

第2部(9~13)はジョセフの叔父である警察官のカミロと同僚のロッドの汚職を描く。

カミロとロッドは麻薬取締担当のマラヤ警視日本人のドラッグディーラー・タケオを監視して誘拐するよう命じられる。

カミロはスパイとしてフィリピン人女性のクリスティーナを送り込みタケオの誘拐に成功、マラヤ警視は身代金として800万円をタケオの妻に要求する。

ロッドは受け渡し場所に出向き金を受け取るが帰って確認すると500万円しかない。

マラヤ警視は残り300万円を明日持ってくるようにタケオの妻に伝えるがこの時には誘拐の件がマスコミに漏れてしまい焦ったマラヤ警視はタケオを殺害し証拠を残さないようカミロに命令する。

カミロはタケオを殺害し遺体を焼却したがタケオの妻は夫が殺されたことを知らないためロッドは残り300万を妻から脅迫しようとカミロと仲間のアモンに持ちかける。

カミロとロッド、アモンの3人は金の受け渡し場所に行くがそこには警察が待ち構えていた。

ロッドとアモンは逃走中に警察に射殺され、何とか逃れたカミロはマラヤに助けを求めるも裏切られて逮捕・収監されてしまう。

感想

フィリピンの暗部を描いたなかなか興味深いドラマでした。

ジョセフは貧しい家計を助けるためにドラッグの密売をやっているようなのでちょっと可哀そうな気がします。

劇中でラップグループが路上でラップをするシーンが度々挟まれるのですがこのリリックがドラマの雰囲気と合っていてとてもかっこいいです。

そしてジョセフが逮捕されたときにあれだけ叱っていた叔父のカミロが誘拐や殺害を行っていたとは!

しかしフィリピンの警察は容赦なくガンガン発砲してくるんですね…。

アメリカやメキシコの麻薬問題を扱ったドラマは多いですがフィリピンを扱ったものは珍しいと思うので興味のある方は是非鑑賞してみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です