ケンブログ
映画・ドラマ・音楽
映画・ドラマ

netflix トランプ:アメリカンドリーム・エピソード1-4のあらすじと感想

画像:netflix.com

こんにちは。

今回もnetflixオリジナルシリーズ「トランプ:アメリカンドリーム」の最終回、エピソード1-4・政界を紹介したいと思います。

前回土壇場で復活したトランプは長年の夢であるアメリカ大統領への挑戦を目指します。

エピソード1-4・政界

1998年11月3日、元プロレスラーのジェシー・ヴェンチュラがミネソタ州知事に第三政党から立候補し当選します。

翌1999年にトランプはミネソタへ向かい選挙戦略や宣伝について尋ねます。

90年代のトランプは銀行の融資を受けカジノやホテルを買収し大規模事業を入札し成功していました。

この頃のトランプは実業家としてよりエンタメ界で有名となり彼の破天荒な言動にマスコミは注目していました。

1999年6月12日にジョージ・W・ブッシュが大統領選に立候補することを表明します。

トランプも改革党の大統領候補に出馬するのではと噂になります。

彼のスター性に目を付けたロジャー・ストーンという人物がトランプの選挙顧問となり大統領選に出馬するよう説得します。

トランプはジェシー・ヴェンチュラを前例に耳障りのいい話よりもあえて真実を話すことで人々の支持を得られると考えていました。

トランプが出馬するか迷っていた頃にニクソンの側近であったパット・ブキャナンが改革党の候補者に名乗りを上げます。

トランプはブキャナンはヒトラーを崇め黒人や同性愛者を差別している人物であると激しく非難します。

結局トランプは改革党の大統領候補者への出馬を断念しブッシュが大統領として選ばれました。

ちなみにトランプのライバルであったブキャナンは得票率0.4%で落選しているためこの時は出馬しなくて良かったと言われています。

アプレンティス

2003年8月にトランプが起業家にビジネスを教えるという視聴者参加型のテレビ番組「アプレンティス」の放送が開始されます。

これが驚異的な視聴率を叩き出しこれまでのトランプのイメージは過去のものになりました。

2005年には現在の妻であるメラニアと3度目の結婚をします。

結婚式にはヒラリーとビルのクリントン夫妻も駆け付けました。

オバマVSトランプ

2008年金融危機に揺れるアメリカで新しい大統領が誕生します。

バラク・オバマです。

この頃トランプはファンと繋がる新しいツールとしてツイッターを始めます。

始めの頃はファンからのリプライはアプレンティスの感想などが多かったのですが、次第にトランプを大統領に推す声が大きくなりました。

2009年オバマ大統領の出生地を巡りネットで議論になります。

2011年4月4日にオバマ大統領が続投宣言をして共和党内で対立候補探しが始まります。

トランプは保守政治活動協議会に出席しオバマの出生地疑惑に関して「アメリカで生まれていない人物が大統領をしている」と批判的なスピーチを行い賛同者から喝采を浴びます。

ここで再びトランプの大統領選出馬が注目されるようになります。

彼は至る所で大統領の批判を行いましたがホワイトハウスがオバマの出生証明書を公開。

トランプは会見でオバマの出生証明書の公開に関して自分は重要な役割を果たしたと豪語します。

2011年4月30日トランプはホワイトハウス記者団夕食会に招かれ出席します。

オバマはディナーのスピーチの場でトランプを皮肉るジョークを連発します。

公衆の面前で笑いものにされたトランプの心は深く傷ついたと言います。

そしてこの夕食会での出来事が彼に大統領になるという決断をさせるのでした。

感想

合計4話(1話に1時間弱)のドキュメンタリーですがテンポよく進んでいくためにダレずに見ることができます。

ビッグマウスを吐き、しかしそれを実行するトランプは最終的に大統領に就任するというアメリカンドリームを実現しました。

この破天荒な男がアメリカ合衆国の大統領として今後どのように世界を変えていくのか怖い部分もありますが見守っていきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です