ケンブログ
映画・ドラマ・音楽
映画・ドラマ

Netflix「アンダーカバー:秘密捜査官」シーズン1のあらすじと感想

画像出典:netflix.com

今回はNetflixオリジナルシリーズ「アンダーカバー:秘密捜査官」を全話視聴した感想を書きたいと思います。

公式ページ

アンダーカバー:秘密捜査官のあらすじ

オランダ南部からベルギー東部にまたがる森林が多く緑豊かな地域リンブルフ州。

西欧最大のフルーツ地域として有名ですが実は違法薬物「エクスタシー」の世界有数の生産地という裏の顔も持っています。

この地から毎年5億錠のエクスタシーが出荷され末端価格20億ユーロを超えるリンブルフ最大の輸出品となっていました。

エクスタシーの製造・出荷を巡りリンブルフ内は製造所の爆破や化学廃棄物の不法投棄、白昼堂々と行われる報復など「第2のコロンビア」と言える状況になっていました。

連邦警察はエクスタシー製造グループの親玉であるフェリー・バウマンの情報を掴み潜入捜査に乗り出します。

フェリーは平日は自宅で過ごし週末は仲間と一緒に近くのキャンプ場で過ごすという生活サイクルを送っていました。

キャンプ場にはフェリーの妹の夫で右腕的存在のジョン・ズワルト、ジョンの娘婿ユルゲン・ヴァン・カンプなど非常に凶暴な手下も住んでいます。

秘密捜査官のボブとキムはキャンプ客を装いキャンプ場へ潜入しフェリー夫妻へ近づくという任務を任されます。

感想

名称などは変更していますが実話に基づいた話なのでリアリティがあります。

カップルを装いキャンプ場に引っ越した秘密捜査官2人がギャングのボス夫妻と仲良くなり情報を引き出し逮捕まで漕ぎつけるという大変な難題に挑みます。

特に男性捜査官のボブはフェリーに気に入られ彼に振り回されたせいで家庭に帰る時間がなくなり、離婚問題にまで発展して大変そうです。

またフェリーの手下であるジョンとユルゲンも意地が悪く冷酷なギャングで、生真面目なボブはこの2人にも手を妬かされます。

反対に新人女性捜査官のキムはオープンな性格でフェリーの妻であるダニエルとすぐに仲良くなりフェリー夫妻に取り入るきっかけを作ります。

しかし親交を深めていくなかで最初は演技だったのが本当にダニエルを愛してしまい危険な関係になってしまいます。

麻薬取引は現行犯逮捕が必要となるため何とかフェリーに取引をするよう計画する連邦警察ですが内部にも裏切り者がいたせいもありなかなか上手くいきません。

最後はボブの名案で何とかフェリーを騙し逮捕しようとするのですが…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です