ケンブログ
映画・ドラマ・音楽
映画・ドラマ

Huluプレミア「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」シーズン4前半のあらすじと感想

画像出典:hulu.jp

今回は前回に引き続きhuluで配信中の「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア 制御不能な夢と野心」シーズン4前半のあらすじと感想を書きたいと思います。

ホルト・アンド・キャッチ・ファイア:シーズン4前半のあらすじ

ゴードンとジョーは新しい会社「カルネクト」を立ち上げゴードンがプロバイダ部門、ジョーはウェブサービス部門を担当しキャメロンはインターネットブラウザ「ロードスター」の開発に取り掛かります。

プロバイダ部門は順調にユーザー数を伸ばしますがロードスターのDL数は伸びず、東京に住むキャメロンにバグの修正などを依頼するも連絡が途絶え音信不通になりました。

結局ロードスターは他社のブラウザ「モザイク」にDL数で大きく差をつけられジョーとゴードンはブラウザ開発から撤退することを決めます。

数年後、ゴードンの誕生パーティにキャメロンが姿を現します。

連絡なく突然現れたキャメロンに対しジョーは怒りますが、キャメロンが夫のトムと上手くいかず離婚したことや製作中であったゲーム「ピルグリム」が発売延期になったと知り再び一緒になることを選びます。

そんな中順調だったカルネクトのプロバイダ事業もライバルが多くなり閉鎖することになってしまいます。

ある日ゴードンの次女ヘイリーにサイトデザインの才能があることが判明し、ジョーは以前から考えていたウェブ上の検索エンジンサービス「コメット」をヘイリーと共に作成することを提案します。

しかし同じ時期にドナも検索サイト「ローバー」に出資していたためコメットと競合することになります。

独自の検索アルゴリズムを開発したコメットに対しローバーは出遅れてしまいます。

ある日人里から離れキャンピングカーで暮らすキャメロンの元へかつての仕事仲間であるボズが訪ねてきます。

ボズは投資に失敗し多額の借金を抱えているもののそれを隠しローバーの開発チームに参加していました。

ボズはローバーの検索アルゴリズムを手伝って欲しいと上司であるドナに内緒でキャメロンに助けを求めてきました。

キャメロンの助けもありローバーの利用者数は伸びますがドナは誰が検索アルゴリズムのコードを書いたのかボズを問い詰めこれが大事を引き起こしてしまいます。

感想

インターネット時代を迎えその入り口となるポータルサイトの作成を巡りゴードンの娘ヘイリーを中心とした「コメット」とドナが投資する「ローバー」の競争が描かれます。

まさかドナとヘイリーの親子対決になるとは思いませんでした。

ネット上の様々なサイトを牽引するというジョーのアイデアを具現化する「コメット」はその分野のオタクを雇い入れて良いサイトをインデックスしていきます。

社内の雰囲気もミューティニー時代のように破天荒な感じです。

キャメロンとジョーがどうなるか注目でしたがキャメロンの離婚により結構あっさりと元の鞘に収まってしまいました。

検索サイトの開発には関わらなかったキャメロンでしたがボズの頼みを断れずにローバーの手助けをしてしまいます。

これから検索サイト開発競争がどうなっていくのか注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です