ケンブログ
映画・ドラマ・音楽
映画・ドラマ

Netflix「そしてサラは殺された」シーズン1のあらすじと感想

今回はNetflixオリジナル作品「そしてサラは殺された」シーズン1のあらすじと感想を書きたいと思います。

そしてサラは殺された:あらすじ

ある若者たちがボートでパラセーリング中にパラシュートの紐が切れて海に落下し死亡するという事故が起こります。

死亡したサラという少女はボートを運転していたロドルフォの恋人で彼の子どもを妊娠していました。

サラの兄であるアレックスは異変に気付きながらもボートの運転を止めなかったロドルフォを責めますが、ロドルフォの父であるセサルに息子の代わりに警察に出頭するよう頼まれます。

セサルの理不尽な頼みにアレックスは激昂しますが病気である母の手術費用を払うことと2か月程度で刑務所から出所させるということを約束され警察に拘束されます。

しかしセサルに裏切られ逆にロドルフォ殺害容疑をかけられたアレックスは30年の懲役の判決を受けてしまいました。

それから時が過ぎ模範囚であることを認められ刑期が18年に短縮されたアレックスは出所すると自分を裏切り妹のサラを殺害したラスカノ家への復讐を始めます。

カジノや不動産経営を行うラスカノ家CEOにロドルフォが就任する際のパーティー会場にサイバーテロを仕掛け18年前の事件の罪を償わせるよう宣戦布告します。

服役中に練り上げたラスカノ家への復讐計画を実行するアレックスに謎の人物からメールが届きます。

メールは「真犯人はロドルフォではない」という内容でした。

感想

18年前に妹のサラを殺されたアレックスのラスカノ家への復讐が始まります。

標的であるロドルフォは父であるセサルに逆らえずにアレックスを裏切ってしまったことで18年間後悔の念に苛まれていました。

ロドルフォはサラがセサルの子どもを身ごもっていたことは知らず、その後に妻のソフィアまで父親に取られてしまう悲しい人生です。

ラスカノ家のオーナーであるセサルは長男のロドルフォの恋人や妻を寝取る強欲な人物で、次男のチェマがゲイであることにも不満を持ち辛く当たります。

表向きは著名な実業家ですが裏では自然動物を無差別にハンティングしたり、カジノの地下に秘密の売春宿を作り外国人の女性を虐待して殺害するなどの残虐行為も行っていました。

セサルに反発したロドルフォ、チェマ、エリサはアレックスに協力します。

徐々にセサルを追い詰めますが最後にサラの日記が見つかりシーズン2は急展開しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です